忍者AdMaxとGoogle Adsenseは同時に記載して良いか?

Google Adsenseの広告掲載に関するポリシーには、以下の様な記述があります。

同一ページにおける Google 広告とその他の広告の同時掲載

他社の広告のフォーマットや色が Google 広告と明らかに異なる場合は、その広告と同じサイトやページに Google 広告を表示しても問題ありません。
Google 広告を掲載するサイトやページに Google 以外の広告を掲載する場合は、その広告が別の広告配信ネットワークから提供されるもので Google とは一切関係ないことをユーザーに明示する必要があります。
フォーマットが似ている場合は異なる配色をお選びください。


読んでみると、どこにもGoogle 以外の広告と同時に記載してはいけませんとは書いてありません。
というか、他の広告と同時に記載してはいけないという規約にしたら独占禁止法に抵触してしまいます。

この文章を読み解くと、
「閲覧者が他社の広告配信ネットワークの広告をGoogleAdsenseだと思って間違えてクリックしたら困る」
ということです。
ちょっと分かりにくいので言葉を置き換えてみます。
白い恋人の製造会社からすると「面白い恋人を白い恋人と間違えて購入する人がいたら困る」
ということになります。

閲覧者からしてみれば、何処の広告配信ネットワークかなんてどうでも良くて、興味があったらクリックするし、なかったらスルーします。
おそらく、Google Adsenseだからクリックしようなんて思う人は人はいないでしょう。

Googleは、他社の広告配信ネットワークの広告と同時に記載してほしくない、しかし独占禁止法に抵触するので記載を禁止することは出来ない。といったところでしょうか。

上記の事をふまえると、閲覧者が忍者AdMaxとGoogleAdsenseの広告をしっかり区別出来るように様に記載すれば同時に記載しても規約違反にはならないと考えます。

記載例

広告の上に以下の様な見出しをつけ区別出来るようにする。
Ads by Google
Ads by 忍者AdMax

サイト図ad.gif


この記事は、あくまで私個人の見解です。
規約違反だと思っている人に反論するつもりは有りません。

2013年02月25日

posted by adharu at 17:25 | Comment(0) | 忍者Ad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。